ベジママ 妊娠中

MENU

ベジママを妊娠中に服用しても大丈夫なのか調べたら…。

ベジママ 妊娠中

 

ベジママで元気な体つくり!

 

赤ちゃんを作るためにはお母さんの体は栄養をしっかり摂取していないといけません。

 

コンビニやファーストフードなどの酸化した食べ物摂取していませんか?

 

ビタミンや栄養が失われた食べ物ばかり食べていませんか?

 

今はファーストフードやコンビニ、スーパーで手軽のご飯を食べられる時代ですが調理するときに味と価格ばかり追いかけるあまり栄養は失われています。

 

保存料も大量に使用されているので体に良くはありません。

 

そこで栄養がつまったベジママなのですが妊娠中に服用しても大丈夫なのか気になりますよね。

 

ベジママには

・ピニトール
・葉酸
・ルイボス
・ビタミンE
・ビタミンC
・ビタミン12

が入っています。

 

ピニトールも葉酸もビタミンの一種です。

 

それぞれの成分の働きや特徴はトップページにて解説しています。

 

>>ベジママの成分・特徴を見てみる。

 

妊娠中に栄養を摂取するのは大切なことですよね。

 

ビタミンを摂取することは赤ちゃんや母体にも必要なことであります。

 

もちろんタンパク質やその他多くの栄養を取る必要がありますよね。

 

では本題の妊娠中にベジママを飲んでも大丈夫なのか

 

その答えは妊娠中に服用しても問題ありません。

 

ベジママの公式サイトのQ&Aでも安心して召し上がりくださいと言われています。

 

ベジママの公式サイトより抜擢

 

妊娠中でも飲めますか

ベジママの原料のアイスプラントは完全閉鎖型植物工場にてクリーンな環境で栽培されていますのでママ活、妊娠中、産後と安心してお召し上がりいただける栄養機能食品です。

 

ベジママの公式サイトでは妊娠中・産後でも必要な栄養摂取のために飲むことをおすすめしています。

 

現代の乱れた食生活や外食などでカロリーは取れていてもビタミンやミネラルといった栄養は不足しがちです。

 

そこでベジママは栄養機能食品としてサプリメントになり、手軽に摂取できるような形になっているのです。

 

栄養機能食品とは、1日に必要な栄養成分を取れない場合に、その補給・補完のために利用してもらうための食品です。

 

もし妊娠中で母体や赤ちゃんに必要な栄養素を普段の食事からとることができる食生活ならサプリメントは必要ないですね。

 

毎日葉酸やビタミンを摂るためにはたっぷりの野菜(緑色の野菜)やフルーツを食べる必要があります。

 

ベジママ 妊娠中

 

加工された酸化したものはすでにビタミンが壊れているものも多いので新鮮なものを摂取していく必要があります。

 

現代の食生活ではなかなか難しいですが赤ちゃんのために栄養を摂取していきたいですよね。

 

↓ベジママの公式サイトはこちら↓