ベジママ 副作用

ベジママの成分って副作用が出るものある?

↓ベジママの公式サイトはこちら↓

ベジママ

 

ベジママ 副作用

 

ベジママで妊活作業を応援!!

 

ベジママにはピニトールが配合されているのが特徴です。

 

ピニトールはビタミンBの一種で不妊の原因の1つである「PCO(多嚢胞性卵巣症候群)」に効果があると実証されています。

 

そんなベジママなのですが副作用とかあるのでしょうか?成分から照って検証していきます。

 

ベジママには

 

・ピニトール
・葉酸
・ルイボス
・ビタミンE
・ビタミンC
・ビタミン12

 

が主な成分です。

 

・ピニトールはビタミンBの一種です。
過剰摂取しても大きな副作用はなく尿として排出されます。

 

・葉酸もビタミンB群の一種です。
過剰摂取することでじんましんや発熱、かゆみ、アレルギー症状などの副作用が出る事があります。

 

・ルイボスは抗酸化作用があります。
カフェインを含まず、タンニン濃度もごく低いので妊婦や乳児に与えても問題ありません。
流産しやすい人や不妊治療中の人がよくルイボスティーを飲んで赤ちゃんを授かったという口コミが多くみられます。

 

・ビタミンE
過剰摂取することで健康に良くないかもしれないという報告はありますが、まだはっきりとしたことはわかっていません。
具体的にどうなるといったことはなくまだ研究段階です。

 

・ビタミンC
ビタミンCは水溶性ビタミンであり過剰摂取しても尿として排出されます。摂取しすぎることで尿路結石のリスクが少し高まる程度です。

 

・ビタミン12
過剰摂取することで健康被害が出たという報告はありません。

 

 

ベジママの成分から副作用について調べましたが、普通に摂取していれば副作用が出ないことが分かると思います。

 

上記の副作用が出る可能性があるのはあくまで過剰摂取した時に出る可能性があるというだけです。

 

必ず出るわけでもないですし、ベジママをたくさん飲んでも過剰摂取に至ることはないです。

 

このようにベジママを摂取しても副作用が出ないことが分かると思います。

むしろベジママに含まれている成分をきちんと摂取していないと体に良くないことが報告されています。

 

ピニトールですと不妊の原因の1つである「PCO(多嚢胞性卵巣症候群)」と「ED(勃起不全)の方に効果があると実証されています。

 

葉酸は細胞内のDNAとRNAをつくるビタミンで、妊婦に欠かすことのできない栄養素です。
不足すると核酸やタンパク質がつくられず、胎児の先天異常や脳神経異常を引き起こすおそれがあると報告されています。

 

ビタミンEが不足すると老化やシミ、生理障害、更年期障害など他にも多くの症状を引き起こしてしまいます。

 

ビタミンCが不足すると
シミ、そばかす、貧血、風邪などの感染症、がんにもなりやすくなります。

 

ビタミン12が不足すると睡眠のリズムが崩れたりします。
これは生活リズムが崩れるので妊活どころではなくなります。

 

まとめ

・ベジママを決められている量をきちんと摂取することで副作用は出ない。
・ベジママに含まれている成分を摂取しない生活を続けていると様々な悪い症状が出てしまう。

 

そんなベジママにも実は口コミから分かった欠点があるのをご存知ですか?

 

>>ベジママの悪い口コミを見てみる。

 

↓ベジママの公式サイトはこちら↓

ベジママ