ベジママの口コミや評判・メリットデメリット

MENU

ベジママの良い・悪い口コミ・販売店舗情報・ピニトールについて

ベジママ 口コミ

 

↓ベジママの公式サイトはこちら↓

 

 

新成分ピニトールが配合されたベジママサプリメントでママ活!

 

ママ活している方をしっかりサポートしていきます。

 

マカ・葉酸を超える成分として注目を集めている成分です。

 

実はこのピニトールって海外ではママ活サプリメントとして有名なのですよね。

 

そのピニトールと葉酸、ルイボスを配合させたのがベジママでありママ活する方を応援するのです。

 

そんなピニトール配合のベジママなのですが効果はあるのでしょうか?評判や新成分だから副作用とかが心配ではないですか?そこで実際に使用した方の口コミや評判を調べました。

 

ベジママサプリメントの口コミ

まだ変化はありません

ベジママ 口コミ

妊活しています。今まで食生活や私生活の乱れから生理不順でした。
これらを正して体に必要な栄養素を取り入れていますがあまり変化はありません
まだ飲み始めて3週間なのでもう少し続けていこうと思います。

微妙な変化で分かりにくい

ベジママ ピニトール

今まで妊活していましたがあまり変化が見られませんでした。
そこでこちらにはピニトールという成分が入っているので試しに購入しました。
毎日基礎体温を測っていますが変化が分かりません。
生理周期が乱れていたのがこのサプリメントのおかげか意識して規則正しい生活をしたからかわかりませんが以前よりかは体調が良い感じがします。

夫婦で妊活しています

ベジママ 口コミ

夫婦で妊活しています。男性も妊活をしないといけないといわれお互いに協力しています。
だけどまだ授かることはできていません。早く待望の赤ちゃんが欲しいですね。
ビタミンのおかげか疲れにくくなっていますし肌荒れもしません。
私のカラダ自体が元気になってきていますのでもう少し飲んでいきたいと思います。

 

妊活サプリメントを飲んでもあまり変化を感じないという口コミが見られました。

 

しかし肌荒れが治ったり疲れにくくなったりとベジママ栄養素が体に作用していると思われます。

 

妊活するためには自身の基礎体温のことについて知ることや自然に妊娠しやすい体つくりや生活スタイルを整える必要があります。

 

ベジママサプリメントを飲んだからと言ってすぐに赤ちゃんを授かることはできません。

 

ベジママサプリメントは自然な妊娠をする体になれるようサポートしてくれるのです。

 

多くのビタミンが配合されホルモンバランスの乱れをただし、自律神経安定に働きかけるので体が赤ちゃんを受け入れる体制になるのです。

 

妊活している方
・ちゃんと休息とっていますか?
・ストレスをためていませんか?
・栄養摂っていますか?

 

赤ちゃんを迎え入れるためには準備が必要です。

 

赤ちゃんとって過ごしやすい環境って上記が満たされた体ですよね。

 

この条件って男性も同じです。

 

だから夫婦そろって妊活することがとても大切なのです。

 

ではベジママサプリメントを飲んでよかったという口コミを見てみましょう。

 

肌の調子がとてもよくなりました。

ベジママ ピニトール

お肌の調子もよい感じでニキビも出来なくなりました。
夏バテも回避できていますのでかなり体が良いっ状態だと思います。
ビタミンもしっかりとれていますし体の調子はいいし、赤ちゃんを授かる準備はできた感じです。

体の調子がとてもいいです

ベジママ 口コミ

ピニトールという成分に惹かれました。口コミを見ていても評判がよさそうなので今後に期待です。
飲み始めてからの変化と言えば体や心が落ち着いているというのでしょうか寝つきも寝起きもとてもいいのです
どうやらこれにしてよかったと今では思います。

生理不順だったのが一定の周期になりました

ベジママ ピニトール

仕事でストレスを溜めこむことも多く食生活も不規則でした。
ベジママサプリメントを飲むようになってから4カ月が経ちました。一定の規則正しい周期で生理が来るようになり生理不順が治まりました。
出来るだけ睡眠時間を増やしてストレスも溜めこまないようにしています。

夫と一緒に飲んで二人ともニキビがきれいになっています

ベジママ 口コミ

他の妊活サプリメントと比べて栄養素も豊富ですしピニトールという成分が初めてなので夫婦で一緒に飲んでいます。
まだ赤ちゃんは授かってはいませんが便秘が改善されたりニキビや肌荒れといったトラブルがどんどん改善されているので驚いています。
夫の顔のツヤもよくなっていて私と同様ニキビができなくなったといっていました。
これからも妊活のため飲み続けたいと思います。

 


悪い口コミと良い口コミを集めましたが副作用が出たという口コミは見つけられませんでした。

 

新成分のピニトールはイノシトールの一種で、マメ科の植物に存在する天然の物質です。

 

ピニトールを含有する植物は乾燥気候帯区分を原産とする植物に多く生息し、大豆、ルイボス、アイスプラントなどから検出されます。

 

天然の材料であり大豆といった一般的な食物にも含まれており安全だといえます。

 

ピニトールから生成される成分には、不妊の原因の一つとされる多嚢胞性卵巣症候群の改善に効果が有るとされ、アメリカなどで研究が勧められているくらいピニトールは期待されている成分なのです。

 

↓ベジママの公式サイトはこちら↓

ベジママの安全性

 

ベジママ 口コミ

 

ベジママは栄養機能食品です。

栄養機能食品とは、高齢化やライフスタイルの変化等により、通常の食生活を行うことが難しく1日に必要な栄養成分を取れない場合に、その補給・補完のために利用してもらうための食品です。
1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、その栄養成分の機能の表示ができます。機能の表示と併せて、定められた注意事項等を適正に表示しなければいけません。

 

ベジママは自社で製造販売されています。
植物工場産の野菜はとてもクリーンな環境で育てられ、安心・安全な環境で栽培されております。
もう1つの特徴は、環境に左右される事がないので1年を通して安定的に収穫・品質を維持する事が出来ます。

 

元気で健康なお母さん、赤ちゃんのために、ベジママは不安なく飲んできただけるよう、素材作りから製造工程まで一貫した安全管理を行っています。

 

・もう一つの安全
ベジママは妊娠中や授乳中でも安心して続けていただけるように、検査機関にて放射性検査、残留農薬検査を実施して「検出なし」の結果を得ています。

 

妊活は男性も一緒に夫婦でする時代

ベジママ 口コミ

 

妊活は女性だけが行っても意味がないことが多いです。
原因は女性にも男性にもあります。50%−50%です。

 

男性不妊症は、その病因別に、
【90%】精子を作る課程に問題がある、造精機能障害
【5%】精子が作られてから出てくるまでに問題がある、精路通過障害
【3%】交渉が持てない、性機能障害
【2%】その他
に分けることができます。

 

男性はまずは、精液検査からはじめます。

 

妊活女性が受けるべき検査は多く、月経周期の各時期で、何回か検査が必要になります。その中には痛みを伴うものもあります。
しかし男性の検査としては、まずは精液検査でいいのです。
女性と比較すると、肉体的苦痛はほとんどないものです。

 

ベジママ 口コミ

 

怖い・恥ずかしい・認めたくないといった理由で検査に非協力的な男性もいますが、それは女性も全く同じなのです。
女性任せの妊活ではなく男性もまず精液検査を受けて下さい。

 

方法はクリニックで渡される精液採取用の容器に、精液をマスターベーション法により採取します。
あらかじめ容器をもらい、自宅で採取することも、クリニック内の個室で採取することもできます。
禁欲の期間は2〜4日程度で十分ですがクリニックや病院によって基準が変わるのでその施設の指示に従ってください。

 

男性の身体では毎日精子が作られています。
その時の体の状態により検査の結果が変化します。
このため時間を置いて数回精液検査をする事が一般的です。

 

夫婦で手を取り合って妊活をするのが絆も深まり成功への近道ですよね。

 

クレアフォート 口コミ

 

↓ベジママの公式サイトはこちら↓

妊婦の葉酸不足は先天性障害のリスク!!

ベジママ 口コミ

 

毎日新聞jから<先天性障害>妊婦の葉酸不足リスク改善せず 学会が声明という記事が出されました。7/11(火) 19:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00000067-mai-soci

 

内容は妊婦の葉酸不足でリスクが高まる先天性の障害の発症率が改善していない。

 

日本先天異常学会はサプリメント(栄養補助食品)での葉酸摂取を呼びかけ関係学会に周知への協力を求めています。

 

葉酸はビタミンBの一種で緑黄色野菜や果物などに含まれます。
妊娠初期に不足すると胎児の脳や脊髄(せきずい)の発育に影響し、運動機能や知覚がまひする二分脊椎症などになる恐れがあります。

 

食事からの摂取では十分ではない場合があり、00年の厚生省通知は「葉酸の摂取で全てを防げるわけではない」とした上で、妊娠の1カ月前から妊娠3カ月までバランスの取れた食事に加え、サプリメントで1日0.4ミリグラムの葉酸を取ることを推奨した。

 

しかし発症率は出産1万人当たり5〜6人で推移している。
年間500〜600人が発症している計算になる。

 

某病院の01〜12年に出産した女性で葉酸サプリメントを取っていたのは23%。二分脊椎の子を出産した女性では10%と低かった

 

「海外では小麦粉などの穀類に葉酸を添加する国が約80あり、二分脊椎などの障害が3〜5割減ったという報告も出ている」と指摘する。
今の日本では葉酸の重要性や認知度がまだまだ低いとされています。

 

元気な赤ちゃんになるには様々な栄養が必要ということが分かりますね

 

ベジママQ&A

いつ飲むのがよいですか?

基本的にはいつお摂りいただいても構いません。
ご都合の良い時に水またはお湯とともにお召し上がりください。

どれぐらいの期間で効果があらわれますか?

比較的短期間での実感をいただいている声を多く聞きますが、ピニトールは摂る目的が長期的な働きを期待するサプリメントですので、体調をみながら継続して摂ることをおすすめします。
食生活・生活環境にも個人差がありますので3ヶ月〜6ヶ月くらいを目安に続けてみてください。

お薬を服用中ですが、サプリメントを摂っても大丈夫?

ベジママは食品ですので、基本的にはお薬と併用してもほとんど問題はありませんが、お薬を服用されている方はあらかじめかかりつけの医師または薬剤師にご相談されることをおすすめします。

栄養機能食品とありますが、本当に安全ですか?

ベジママの原料のアイスプラントは完全閉鎖型植物工場にてクリーンな環境で栽培されていますので妊活、妊娠中、産後と安心してお召し上がりいただける栄養機能食品です。

妊娠しても続けて飲めますか?

基本的に問題ありません。
妊娠中・授乳中に必要な成分が入っていますので続けてお召し上がりいただけます。
ご心配な方は医師または薬剤師にご相談されることをおすすめします。

尿の色が黄色くなりますが大丈夫?

ベジママには数種類のビタミンB群が配合されています。
ビタミンB群は水溶性のビタミンであり、体内で吸収されなかった余分なものが尿中に排出されるためです。安心してください。

 

ベジママのお買い得情報

ベジママ 口コミ

 

ベジママはどこで売っているのか、市販で購入できるのか通販で購入できるのか調べました。

 

・マツモトキヨシ
・ドラッグユタカ
・ココカラファイン
・スギ薬局
・つるは薬局

 

これらのドラッグストアでは市販されていないことが分かりました。

 

ではなんでも変わったものが売っているバラエティショップでは購入できるのでしょうか。

 

・ロフト
・東急ハンズ
・ドンキホーテ
・プラザ
・ビレバン(ビレッジバンガード)

 

こちらのお店でも取り扱いはしていませんでした。

 

市販はされていないということで通販で調べました。

 

・楽天
・アマゾン
・ヤフーショッピング

 

これらの大型通販サイトでも購入できないことが分かりました。

 

ベジママを取り扱っているのは公式サイトでのみとなります。

 

ベジママの公式サイト

 

1袋120粒入っています。
お客様のプライバシーに配慮して外箱から商品の中身はわからないようになっています。
ですので配達員にも家族や家の人にもわかりません。

 

ベジママにはクーポンがありません。
販売価格は5,500円です。
クーポンがなくても定期購入ですと初回が半額の2,750円と安くなります。送料は無料です。
定期購入とは毎月自動でお届けしてくれるサービスです。
2回目以降は15%オフの4,680円で購入することができます。
(※定期購入の解約は初回からでもOKで回数に縛りはありません)
初めての方は初回購入が全額返金保証付きで安心です。

 

解約の方法

定期購入の解約は次回発送日の2営業日前までに電話すればOKです。
(例)定期1回目4/22発送 → 5/22発送予定 → 5/20までにご連絡ください。
●次回発送日は商品に同梱のお買上げ明細書に記載しております。
●休日の関係で翌月の発送日が早まることがございます。予めご了承くださいませ。 基本的に土・日・祝日が休日です。

 

>>ベジママの解約に関する記事を見てみる

 

お支払方法は
クレジットカード
代金引き換え(現金払い)商品到着時。
NP後払い(コンビニ・郵便局・銀行)
請求書の記載事項に従って発行日から14日以内 
後払いの手数料は無料です。

 

など選べて便利です。

 

↓ベジママの公式サイトはこちら↓

ベジママにはどんな成分が入っているの?

ベジママ ピニトール

 

ベジママには妊活する方に必要な栄養素が豊富に入っています。

 

これらの成分の中から妊活ママに必要な成分をピックアップして説明します。

 

またベジママサプリメントだからこその成分ピニトールについても詳しく説明します。

 

ピニトール

 

ピニトールとはビタミンBの一種です。

不妊の原因の1つである「PCO(多嚢胞性卵巣症候群)」と「ED(勃起不全)の方に効果があると実証されており、ピニトールに含まれている成分が血糖値を下げてくれるのが理由です。卵巣を覆う皮膜が厚くて硬いため、卵子が排卵しづらくなり、卵巣に卵胞がたくさんできてしまう状態を多嚢胞性卵巣といいます。
多嚢胞性卵巣を意味する英語のPoly Cystic Ovariesを略してPCOということもあります。

 

この事からピニトールは不妊で悩む女性にも男性にもとてもよい成分になります。

 

葉酸

 

葉酸とはビタミンの一種です。

葉酸とは細胞内のDNAとRNAをつくるビタミンで、妊婦に欠かすことのできない栄養素
また、ビタミンB12と赤血球をつくるはたらきもあります。
不足すると核酸やタンパク質がつくられず、胎児の先天異常や脳神経異常を引き起こすおそれがあると報告されています。

 

葉酸は妊娠中も取る必要のある成分だということが分かりますね。

 

ルイボス

 

ルイボスは抗酸化作用があるとされています。

ルイボスは南アフリカ共和国・西ケープ州ケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈(英語版)一帯にのみ自生する貴重な葉です。
茶は紅茶のように赤く、ほのかに甘みがあります。
カフェインを含まず、タンニン濃度もごく低いので妊婦や乳児に与えても問題ありません。

 

流産しやすい人や不妊治療中の人がよくルイボスティーを飲んで赤ちゃんを授かったという口コミが多くみられます。

 

ノンカフェインでタンニンの含有量も少ないので妊婦さんでも飲めるので色々なところで進められています。

 

ビタミンE

 

ビタミンEの主な働きは抗酸化作用がいわれています。

・ビタミンEの働き
脂肪の酸化防止 過酸化脂質ができやすい
生体機能調節
血行促進

 

・ビタミンEの不足するとおきやすい症状
老化・シミ・動脈硬化・生活習慣病の元凶
ホルモンバランス、自律神経安定
生理障害・更年期障害
生殖機能の衰え
自律神経失調症
肩こり・頭痛・生理痛
関節痛・腰痛・冷え
循環器疾患

 

ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ると相乗効果があります。

 

ビタミンC

 

体の中に入ったビタミンCは、血中ではそのままのかたちで存在し、からだのサビをとってくれています。

・働き
コラーゲンをつくる
免疫力を高める
ステロイドホルモンをつくる
鉄の吸収を助ける
酵素の働きを助ける
メラニン色素をストップする

 

 

・不足するとおきやすい症状
シワができやすい
傷が治りにくい
毛細血管がやぶれやすい
感染症(風邪など)にかかりやすい
がんになりやすい
ストレスに弱くなる
貧血になりやすい
肝臓の解毒作用が低下する
色黒・シミ・ソバカスができやすい

 

なにかと忙しい現代社会。ストレス解消の栄養素としてはビタミンCが役立ちます。

 

人はストレスを感じると、副腎という場所からストレス対抗ホルモンを出して乗り切ろうとします。このとき、ビタミンCが必要です。

 

私たちの心をつくっているのは神経伝達物質で、興奮系の神経伝達物質であるノルアドレナリンを合成するのに、ビタミンCが関わります。

 

ノルアドレナリンは、自然の中で生き残っていくのに必要な目覚め、集中力、積極性、興奮、攻撃、不安、恐怖、痛みの軽減という感覚を司っています。

 

鉄の吸収や酵素の働き免疫力の向上といったことは妊活するためには必要ですよね。
また母体である母親の体は精神的に落ち着いている方が赤ちゃんのためになります。
こういったことからもビタミンCが必要ですね。

 

ビタミン12

 

ビタミンB12は、ビタミンB群の仲間です。

・貧血を予防する
ビタミンB12は、正常な赤血球を作りだす働きがあり、貧血になるのを予防しています。
ビタミン12不足の貧血は「悪性貧血」と呼ばれ、鉄分の不足による貧血とは区別されています。
体内で赤血球が作られるときは、まず、鉄分を原料にして、赤血球の合成が始まります。
その後、ビタミンB12と葉酸の、2つの栄養素の働きによって、正常な赤血球に成長します。
もし、このときビタミンB12と葉酸が不足していると、一人前の赤血球ができずに、普通より巨大な、働きの悪い赤血球ができてしまいます。巨赤芽球性貧血といいます。
このため、体内に十分な酸素が供給されなくなり、疲れやすい、すぐ息切れがする、めまいなどの貧血の症状がでて来てしまいます。

 

・睡眠のリズムを整える
規則正しい生活をしているといつも寝る時間に眠たくなり、明るくなると自然に目が覚めるという、一定のリズムで生活できます。
この一定のリズムは、脳から分泌されるメラトニンと呼ばれるホルモンで、コントロールされていて、周りが暗くなると、メラトニンが多く分泌され眠くなり、逆に明るくなるとメラトニンの分泌が少なくなり、目が覚めてきます。
ビタミンB12は、このメラトニンの分泌を調整する働きがあり、睡眠のリズムをうまく調整しています。

 

・神経の伝達を円滑にする
脳の指令を、身体の末端まで伝えるには、ビタミンB12をはじめ多くのビタミンの働きが、必要になっています。
神経系が原因の不眠症や時差ボケの解消には、ビタミンB12の大量摂取が有効とされています。(ビタミンB12を大量に摂取しても、過剰症などの健康障害はありません。)

 

ビタミン12は体を休ませる睡眠や貧血を予防する働きがあるので妊活ママには必要ですね。
妊活・ママ活する方にとってこれだけ多くの成分が必要になりますがベジママ一つで補うことができるのです。
そしてベジママには新成分のピニトールが配合されています。

 

皆さんご存知でしょうか?
成分表の表示ってルールがあるんですよ。
それは成分の多い順に書くというルールがあるのです。

 

【成分表】

ピニトール、還元麦芽糖水飴、ルイボス茶抽出物(デキストリン、ルイボス茶エキス)、アイスプラント末、デキストリン、ビタミンE含有植物油、マンガン含有酵母、結晶セルロース、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ステアリン酸Ca、ビタミンB2、バントテン酸Ca、葉酸、ビタミンB12

 

これからわかるとおりベジママにはピニトールが一番配合されています。
少しだけ配合してこのような成分が入っていますといっている企業ではないことが分かります。
次いでルイボスもしっかり入っていますね。
しかし気になるのが葉酸です。
こう見ると葉酸って全然入ってないじゃないか!と思ってしまうのですが、実は葉酸は400ug入っています。
ugってどれくらいかわかりませんよね。
それは妊活サプリメントで有名なベルタ葉酸も同じ400ug入っていますので量が少ないという事はないです。
ベジママは目玉の成分以外でもしっかり配合されていることが分かります。

 

生理不順とは

ベジママ 口コミ

 

正常な生理周期は25〜38日で次の生理がきます。ずれても7日以内で1回の生理は3〜7日続きます。
ここからずれた状態が3ヵ月以上続くと、生理不順だと思われます。

 

 

生理不順の原因は

 

・ストレスによるホルモンの乱れ

 

・過激なダイエット

ベジママ 口コミ

食事の量を極端に減らしたり短期間で急激に体重を減らしたりと過激なダイエットを続けると、体脂肪率が極端に少なくなったり、一時的に栄養失調状態になります。
こうなると女性ホルモンがスムーズに分泌されません。
その結果、生理不順や無排卵月経になったり、 生理が止まってしまうことがあるのです。

 

・激しいスポーツ

ベジママ 口コミ

体脂肪率を極端に落としたり激しいトレーニングやフルマラソンのような体を酷使するスポーツを続けると、女性の体は生殖機能をストップさせてでも生命を維持させようとします。
そのため、命に別状のない卵巣の働きを止めてしまい、生理不順や無排卵月経、無月経などが起こりやすくなるのです。

 

・日々のストレス

ベジママ 口コミ

仕事や子育てなど肉体的な疲労や精神的なストレスを感じていると脳が疲弊し排卵や生理を引き起こすための指令が乱れ生理不順になりやすくなります。

 

・不規則な生活

昼夜が逆転した生活や深夜まで起きている生活が続くのもストレスとなりホルモンバランスが乱れます。

 

・卵巣の病気によって生理不順になっていることも

卵巣嚢腫や子宮内膜症といった病気になりやすい臓器です。
卵巣のトラブルが原因で、脳からの指令が適切に受け取れ なかったり、女性ホルモンの分泌が滞ってしまい、生理不順が起きている場合もあります。
卵巣の病気は自覚症状がないケースも多いので、婦人科で定期的に検診を受けることが大切です。

 

・生理不順だと卵子が育っていない可能性も

生理周期が39日以上と長い場合だと、脳からのホルモン分泌の指令が乱れることがあります。
卵胞の成熟が途中で止まり、そのまま排卵していないこともあります。  
卵胞が排卵すべき時期に排卵しないで維持されると、 エストロゲンが分泌されつづけます。
すると、生理が始まるべき時期が来ても子宮内膜は厚みを増しつづけます。
厚みの限界を超えると子宮内膜の出血が起こってしまいます。
周期が長くても排卵があれば妊娠が可能ですが、そのままにしておくと、やがて無月経・無排卵になってしまうこともあるのです。
2、3ヵ月に一度しか生理がこないという人は、早めに婦人科を受診する必要があります。

 

・生理周期が短い場合

生理周期が24日以内と短い場合も、脳からの指令にトラブルが起来ていることが多いです。
卵胞が成熟しないまま、排卵をせずに衰退してしまう無排卵月経の可能性があります。
この場合、卵胞が存続する期間が短いため、エストロゲンの分泌が早い段階で減ってしまい、子宮内膜が増殖を続けられず、早く出血が始まってしまいます。そのため、短い周期で生理がくるようになるのです。
また、生理が短い周期できたなと思っていたら、実は卵巣や子宮の病気による不正出血、という事もよくあるのでいつもの生理周期と違う時期の出血や、生理が月に2、3回もくるときは、早急に婦人科を受診しましょう。

 

ベジママは多くの栄養素や妊娠な必要な体つくりをサポートしてくれます。

 

赤ちゃんができやすい体にするにもストレスや不規則な生活はやめましょう。

 

そして生理不順で周期がおかしくなるようなら産婦人科での受診を最優先にしてください。

 

全てはあなたと赤ちゃんのためです。

 

健康な胎盤作り

 

健康的な胎盤を作るには健康的な生活を送り栄養をしっかり摂る必要があります。
健康的な胎盤とは、ハリがあり血管の詰まりがなく、重く厚みのある胎盤のことを言います。

 

不健康な胎盤は色が悪く、厚みがないです。
十分な栄養の蓄えや血流が不完全となり、赤ちゃんの育ちが悪くなってしまいます。

 

ベジママは栄養素が豊富なので十分な栄養を与えることができます。

 

↓ベジママの公式サイトはこちら↓